マグロに賭けた男たちに出演し、大間マグロ漁師の最年少である泉健志の家族について調べて見ました。

泉健志さんは、2014年からマグロに賭けた男たちに出演した際に、1日でマグロを4匹も釣った凄腕漁師。

その泉さんですが、奥さんも可愛い上に、経歴が変わっていると話題に!

よって今回は「奥さんの顔画像」及び泉健志のWiki風プロフをご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

【大間最年少マグロ漁師】の泉健志のwiki風プロフィール

泉健志のプロフィール
・名前:泉健志(いづみ たけし)
・年齢:33歳(2020年1月)
・漁師歴7年目
・2015年より船長
漁師歴7年目の泉健志さんですが、漁師歴2年目の2014年にマグロに賭けた男たちに出演した際に、1日でマグロを4匹も釣った凄腕漁師。
山本秀勝さんの息子である山本剛史さんの心に火を付けたライバルでも有るわけです。
そんな泉さんの得意な漁法は、ソナーというマグロ発券機を使い、マグロの大群の進路に予測して、餌であるブリを投げる方法。
この手法は、2017年で2番マグロになった南兄弟と同じ手法になります。
あとは掛かったら、マグロが25m居ないに近づいた所で、電気ショッカーを投げ入れ、マグロを失神させて釣る手法ですね。
そんな泉さんですが、マグロ漁を始めたのはある方がキッカケになっています。

マグロ漁師を始めたキッカケは?

泉さんがマグロ漁を始めたのは、泉さんの目の前で335㎏のマグロを釣り上げたお父さんの影響です。

お父さんの泉千里さんが1990年代に335㎏のマグロを一本釣りし、それを目の前で見ていた息子(健志)さんが

そのマグロを越えたい!という事で、マグロ漁を挑んでいるわけです。

2020年現在では170㎏級を釣り上げましたが、現時点ではまだ遠く及んでいませんね。

父:子供3兄弟が全員が漁師!

父:千里さんの影響を受けたのは健志だけでは有りません。

お兄さんの学さんと弟(竜太さん)もまたマグロ漁師の影響を受けております。

健志は一本釣りに対して、お兄さんははえ縄漁を専門としています。

2020年は一本釣りが釣れなさすぎて、お兄さんのはえ縄漁を手伝いに行っております。

スポンサードリンク

泉健志の出身高校はどこ?

泉健志は2014年に引退した父:千里さんの漁師の仕事を手伝っていたそうです。

2003年の泉さんが高校1年生の時に、仕事が忙しすぎて中退したそう。

出身高校を調べて見たところ、正確な情報は有りませんでしたが、大間市の高校を調べて見たところ。

青森県立大間高等学校のみしか有りませんでしたので、大間高校に進学していた可能性があります。

泉健志の家族は?嫁が10歳下で可愛い!(顔画像)

 

泉健志さんは結婚しているのか?につていですが、実は2016年に「マグロに掛けた男たち」に出演時に結婚したこと知らされていました。

奥さんの年齢を調べて見ると、結婚したときが19歳。(2016年)

2020年現在では23歳になっていますね。

泉健志さんのFacebookを調べて見ると・・・・

プリクラ画像ですが、元々目が大きくて可愛い感じの方ですね。

泉さんも現在の漁師姿とは別にサラサラヘアで映っています。(下記の画像は現在)

髪の毛が短くなっていますね。

2020年はマグロが居なくて、お兄さんの延縄漁のお手伝いをする形になりましたが、2021年シーズンにはまた100㎏以上のマグロを釣って欲しいですね。

スポンサードリンク

まとめ

今回はマグロに賭けた男達に6年出演している「泉健志」さんについてご紹介させて頂きました。

今回(2020)ははえ縄漁になってしまいましたが、また一本釣りで今後も頑張って欲しいですね。

併せて泉建志【大間マグロ漁師】の年収が20代で1000万越え!2020年現在はもっと凄い?をどうぞ!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事