2020年1月期枠の木曜日9時から放送されているケイジとケンジ所轄と地検の24時。

ケイジとケンジは、桐谷健太さんが演じる神奈川県警の刑事・仲井戸豪太と、東出昌大さん演じる横浜地方検察庁みなと支部の検事・真島修平が衝突しながらも、協力して事件解決することで友情を深めていくドラマ

先日1話が公開された後、東出昌大さんの未成年不倫により打ち切りになる可能性が出てきました。

今回は「東出昌大の降板」「ケイジとケンジの打ち切り」説についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

東出昌大の降板理由は、唐田エリカとの未成年不倫が文春砲で発覚

2020年1月22日(水)に唐田エリカさんとの未成年不倫が発覚しました。

東出昌大さんといえば、朝ドラごちそうさんで共演した杏さんと2015年1月に結婚し、現在3人の子供を持つ父親です。

そんな東出さんは2017年1月から当時19歳の未成年であった唐田エリカさん(清純派女優(笑))と3年間不倫していた事が発覚しました。

東出昌大さんが所属している(株)ユマニテも、不倫が事実であった事を認めていますね。

現在、本人はこのような事態になったことに対して 責任の重さ、失ったものの大きさを実感し ひたすら 後悔に苛まれ苦しんでおります。

しかしながら 失われた信頼を回復するには 気の遠くなるような時間と努力が必要だと思います。

ただ 今回の別居は 離婚へ向かうものではなく、なんとか修復へのステップを踏むための冷却期間と聞いております。

厳しい道とは思いますが、東出が夫として、父として もう一度家族を再生するために 自らの生き方、姿勢を含めてその証を示してゆくしかないと 思います。

弊社としては その道程を厳しく見守ってゆく所存です。

どうか ご理解を賜りますよう お願い申し上げます。

令和2年1月22日    株式会社ユマニテ

未成年不倫と言うことで、確実に出演して居る「ケンジとケイジ」にも影響は出るでしょう。

東出昌大の「ケイジとケンジ所轄と地検の24時」の役柄は?(相関図で確認)

このドラマの最大の特徴は桐谷健太と東出昌大のダブル主演という事になります。

中途採用のプライドが高い検事という役で、友情出演とかではなく主演という点。

ネット上でも作品の価値が激減すると言う声ばかり!

おそらく降板は確実でしょうね

東出昌大の降板後の代役は誰になる?

ケイジとケンジの公式ホームページを確認したところ、2020年1月23日時点では代役が誰になるかは決まっておりません。

1月23日(木)に第2話が放送され、その前日夕方1月22日にに不倫騒動が発覚しました。

よって2話については東出昌大さんが出るでしょうね。

テレビ朝日も日刊スポーツで以下の様にコメントしています。

連続ドラマ「ケイジとケンジ 所轄と地検の24時」(木曜午後9時)を放送するテレビ朝日はこの日、日刊スポーツの取材に「放送予定に変更はありません」とコメント

出典:日刊スポーツ

代役が分かり次第、追記いたします。

スポンサードリンク

まとめ:ケイジとケンジ所轄と地検の24時は打ち切りが妥当

不倫が原因で打ち切りになったドラマを調べて見ましたが、現時点ではありませんでした。

ただ今回は、東出昌大さんという主役による不祥事。

第1話が12%(ビデオリサーチ調べ)で好発進だったにも関わらず、当然、視聴率の低下は避けられないでしょう。

おそらく第2話で5%程度になってしまった場合・・・・

・3話目で代役を出すか

・打ち切りを決断するか?

TBSドラマですが、川口春奈さん主演の「夫の彼女」で3.8%の視聴率で打ち切りになった例もあります。

どちらにしても1月中には「ケイジとケンジ」に動きがありそうです。

最後までご覧頂き有難うございます!

東出昌大さんの不倫騒動まとめ
スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事