大河ドラマの【麒麟がくる】の戦国大名、斎藤道三の娘・帰蝶(濃姫)役だった沢尻エリカさんが、合成麻薬MDMAを所持していた疑いで逮捕されてしまい、急遽代役で選ばれた川口春奈さんによる撮影が始まりましたね!

本番一ヶ月前なのに、川口春奈さんはよくオファーなと感心しましたが、川口春奈さんが時代劇未経験&時間がないのにも関わらず、どうしても大河に出たい裏側ってご存じでしょうか?

本番直前の【麒麟が来る】のオファーを受けた川口春奈の切実な3つの理由について今回は調査して見ました。

スポンサードリンク

川口春奈が麒麟がくるの受けた理由1:「夫のカノジョ」による失敗を挽回

川口春奈さんがどうしても大河でたかった裏側の最大の理由が、当時18歳に主演した2013年のTBS木曜21時の【夫のカノジョ】で2000年代以降の視聴率3%という大失敗を挽回したいという理由

この失敗がある故に、【数字が取れない女優】としてレッテルを貼られてしまい、中々主演ドラマが取れないジリ貧な状態でした。

ツイッター上でも

当然【夫のカノジョ】で史上最低の低視聴率を取ってしまったので、NHKは何を考えているっていう意見もあるようですが、中には【夫のカノジョ】そのものが悪かったというニュースも・・・

正直企画が悪いと、誰がやっても殆ど同じだろうって思われがちですが、低視聴率女優というレッテルが突くことには変わりはありません。

こればかりは運が悪かったな・・・と個人的には思いますが、比較的視聴率が取れる大河ドラマで挽回してほしいものです。

更に時代劇未経験の川口春奈さんに更に追い風になる理由が!

川口春奈が麒麟がくるの受けた理由2:時代劇未経験で失敗したとしても急遽代役に貢献した事

川口春奈さんは、沢尻エリカさんに比べて役不足だ!ふざけんな。時代劇未経験なのにいきなり大河で主演するの?などの意見があります。

織田信長の妻の濃姫のイメージからすると確かに沢尻エリカさんの方がイメージに合う気持ちも分かる。

この動画は最後は、川口春奈を応援してますけど(笑)こういう一部のネット民も居ますが、大抵の人は川口春奈さんを応援しているんですよ。

というのも11月21日に沢尻エリカさんの代役が川口春奈さんに決まった瞬間に【全力応援】がトレンドで1位になるくらい応援されていたんですね。


他にも多数。

こういう応援されている状態&急遽代役もあって、大河未経験・時代劇未経験で多少演技が出来ていなくても世間の同情が得られるわけです。

しかも川口春奈さんからして見れば、時代劇の経験値も得られるので演技に幅が広がる。

めちゃくちゃチャンスだったオファーに違いはありません。

川口春奈の演技は良いという評判も多数ありますから、初時代劇とはいえ、低視聴率女のレッテルを挽回して欲しいところですね。

そして【麒麟がくる】を 見事勤め上げた後のNHKのご褒美も待っています。

スポンサードリンク

川口春奈が麒麟がくるの受けた理由3:NHKに貢献することによるご褒美(朝ドラ出演も)前例有り

本番一ヶ月前にもかかわらず、代役としてのオファーを断らなかった川口春奈は、NHKにとって素晴らしい女優であることは間違いありません。

ある意味ではNHKに貸しを作った形になります。

故に、視聴率が取れたらという条件はあると思いますが、そのご褒美として朝ドラ出演になる可能性が浮上しているのです。

週刊文春で調査したところ、以前真田丸で不祥事を起こした高畑裕太さんの代役と務めた大山真志さんは、真田丸の翌年の朝ドラ「ひよっこ」の富さんの恋人・松永悠馬役としてゴンドラの唄を歌っております。

真田丸2016年に出演予定だった高畑裕太(26)は撮影開始後に強姦致傷容疑で逮捕(不起訴)。その代役に抜擢されたのは大山真志(30)。主にミュージックや舞台の実力はとして活躍していたが、翌年のNHK連続テレビ小説「ひよっこ」にも出演を果たした。

週刊文春12月5日号:34ページ

 

NHKに貢献すると翌年の朝ドラに主演できるジンクスもあるので、2021年の朝ドラに川口春奈さんの姿が見える可能性が高いのです。

平均視聴率が15%以上安定して取れる朝ドラに主演できれば、過去の失敗である【夫のカノジョ】の低視聴率女のレッテルが影を潜めていくのは間違いありません。

川口春奈さんにとって【麒麟が来る】が勝負であることは間違いないでしょう。

スポンサードリンク

おまけ:彼氏の格闘家の矢地祐介が、川口春奈が忙しくなると勝てるようになる?

12月3日号の(FLASH)でお泊まりデートがスクープされている総合格闘家の矢地祐介ですが、2018年前半まではRIZINエース候補だったはずが3連敗。

川口春奈と付き合ってから負けているんじゃね?って噂されています。

ただ格闘技ファン曰く。

川口が大河ドラマで忙しくなれば、矢地が勝てるようになる

といわれていることから、年末のRIZINには期待が出来そうです。

以上、川口春奈さんが【麒麟がくる】に出たい裏側理由3選+αでした。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事