2020年1月14日(火)から始まる10の秘密で謎の音大生(伊達翼(だて・つばさ))役で出演するSixTONES(ストーンズ)の松村北斗さんが、ピアノ姿が格好いいと話題になっていますね。

松村北斗さんといえば2012年に私立バカレア高校で俳優デビューし、演技力が買われて活躍の場を広げております。

また所属するグループでも2020年1月22日にデビューが決まって2020年に注目の1人です。

今回は10の秘密の音大生(伊達翼(だて・つばさ))役の松村北斗さんを紹介しつつ、ピアノが上手い理由についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

松村北斗のピアノ姿のイケメン画像紹介!上手すぎてヤバイ。

めざましテレビで紹介された下記の動画をご覧ください。

リズム駆るで弾いておりますし、最後の和音はかなり難しそうですね・・・(笑)

私もピアノをやっていましたが、このレベルまで弾けるようになるには最低でも半年以上は掛かるのではと予想されます。

普通に弾いている姿も格好いいですよね!

静止画像でイケメン画像をお楽しみ下さい。

10の秘密にピアノ姿で出演する松村北斗のコメント!

松村北斗さんが(伊達翼(だて・つばさ))役でピアノを弾く事に対して、やりたかった!と熱いコメントを発表しています。

ピアノ自体は、以前から興味があったので、触れるタイミングがあればとは思っていたので、すごく良い機会でした。もうすぐデビューもあるので音楽関係の役柄をできるというのは、特に関連性が強いのですごくうれしいです。

出典:https://www.ktv.jp/10himitsu/topics/02.html

10の秘密の公式ホームページでコメントしておりますが、ドラマ開始1週間後の2020年1月22日にはSixTONESのデビューがあります。

SixTONES(ストーンズ)は一般的なジャニーズグループとは違い、個性を強く活かしたグループになりますので、ピアノを武器にしたいという狙いがあるかも知れませんね。

また俳優の幅が広がるという意味でも今回の役はベストマッチしたと考えられるでしょう。

ではこのベストタイミングでピアノ役を演じることが出来たのか?

これには俳優「松村北斗」の演技力が評価されたエピソードがありました!

松村北斗が10の秘密にピアノ姿で出演するキッカケは前ドラマのプロデューサーのラブコールが理由?

松村北斗さんが10の秘密に出演するキッカケになったのは、2019年春のドラマ「パーフェクトワールド」の演技。

実は今回放送する10の秘密のプロデューサーの河西秀幸氏はパーフェクトワールドのプロデューサーでもあり、松村北斗さんのポテンシャルに惚れた事が出演のキッカケです。

フジテレビの公式で河西秀幸氏はこうコメントしています。

「松村さんとは4月クールの『パーフェクトワールド」でご一緒しました。制作の予想をはるかに超えるお芝居で魅了してくれ、俳優・松村北斗のポテンシャルの高さを感じました。今回は、なかなか本性をあらわにしない秘密に包まれた役。松村さんにより大きな役、かつ難役にトライして頂きたく、期待を込めてオファーさせて頂きました。

出典:https://www.fujitv.co.jp/fujitv/news/20195773.html

凄い期待度ですよね!

ちなみにパーフェクトワールドでは義足で車椅子に乗りながら建築士を目指す、義足で生きづらさを演じる松村さんの演技力がかなり評価されているんですね。

週刊エンタテインメントビジネス誌『コンフィデンス』のドラマ満足度調査「オリコン ドラマバリュー」では、「松村さんは義足が見えない場面でも義足を付けているような歩き方をしっかり意識されていて、セリフ回しも表情も良いです。アイドルだと知って驚きました」(40代女性/神奈川)

松坂桃李さんに対して

「自分だけ悲劇の主人公ぶるなよ!」

「生涯持っている方が壁を作ったら相手は入ってこれないよ!その壁を取っ払うのが心のバリアフリーだよ!」

って優しく語りかける姿はファンに取ってはドキドキでしょうね。

とはいえ、いきなりピアノを弾け!といわれても難しいのが現実。

松村北斗さんはピアノの経験者だったのか?って点についてご紹介させて頂きます。

スポンサードリンク

10の秘密時点の松村北斗はピアノ経験はあったのか?

結論から言うと、松村北斗さんは10の秘密撮影時点ではピアノ初心者ではありません。

なぜなら2014年に松村北斗さんが出演したテレビドラマ「SHARK」の劇団ロックにて、キーボード&DJ役をやっておりました。

キーボードを弾いている姿も格好いいですよね。

キーボードとピアノは鍵盤の重さ・指のタッチが異なりますが、配置・指の動きはそこまで変わらないので未経験者・初心者とは言えないでしょう。

「SHARK」でキーボードが弾けるようになったのは、松村北斗さんの努力によるエピソードがありました。

松村北斗はピアノが上手い理由は努力家故のストーリーがあり!

「SHARK」でキーボードを弾く事になった際、松村北斗さんは楽譜が読めないどころか、「ド」場所すら分からないド素人でした。

しかし、そこから毎日10時間~12時間キーボードの練習し、身につけたという努力があったのです。

いくら仕事とは言え、普段の活動の合間に寝る間も惜しんで10時間も練習するって、並大抵の覚悟がないと出来ないですよね・・・

この経験が今回の10の秘密の音大生の役柄を勝ち取ったって考えると、努力は裏切らないんだなという事を感じさせられます。

松村北斗さんは最初からピアノの才能があったわけではなく、努力で上手くなったって事です。

スポンサードリンク

まとめ

今回は松村北斗さんのピアノ姿のイケメン画像と合せて、ピアノが上手い理由を紹介させて頂きました。

めざましテレビの動画よりも長い時間でピアノを弾いているでしょうから、ファンに取っては見逃せないシーンですよね。

デビューブレイク間違いないでしょう。

今回は以上です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事