1月29日に宮迫博之さんが、「宮迫ですッ!」というYouTubeチャンネルを解説ましたね。

YouTuberとして、登録者数356万人を超えるヒカルさんとコラボをすることが決まっていますが、「なぜヒカルとコラボした?」という事で炎上騒ぎになっています。

私もなぜヒカルと組んだのか正直不思議でなりません。

今回は宮迫博之さんとヒカルのコラボ動画はいつから配信なのか?をテーマに宮迫博之さんがヒカルと組む3つの代償についてご紹介させていただきます。

スポンサードリンク

宮迫博之とヒカルのコラボYouTube動画はいつから?1月30日が濃厚

宮迫博之さんとヒカルさんとのコラボ動画はすでに撮影済みです。

闇営業問題で謹慎中の雨上がり決死隊・宮迫博之(49)がYouTubeでの「復帰」を計画していることが28日、分かった。関係者によると、すでに有名ユーチューバーのヒカルとコラボして撮影済みという。

出典:日刊スポーツ

そしてヒカルさんと宮迫博之さんのコラボ動画ですが、1月30日では濃厚だと私は考えます。

理由は2つありまして・・・・

宮迫博之さんのコラボ動画が1月30日である理由
・1月30日にロンドンハーツの亮さんが復帰に合わせた形にする為
・動画を毎日更新するために、謝罪動画を前日に出した。

1月30日に、同じ場所で闇営業の謝罪会見を開いたロンドンハーツの亮さんが1月30日にトークライブを行うことが決まっております。

闇営業問題で吉本興業から謹慎処分をうけた田村亮は30日、相方田村淳とロンドンブーツ1号2号をトークライブで復活させる。

ここで、宮迫博之さんも亮さんの波に乗ってデビューすることで、闇営業の問題に一つケリをつけたかったのではと考えられるのではないのでしょうか?

その布石として、下記の謝罪動画を出されたのだと考えられます。(チャンネル登録数も事前に増やす為)

ただ個人的にヒカルさんと組むのはまずいだろ・・・って思いましたね。

その理由を解説します。

宮迫博之とヒカルのコラボ動画で失う代償

宮迫博之さんがヒカルとはYouTuberで組むべきではなかった理由として、以下の3つが上げられますね。

宮迫博之はヒカルとは組むべきではなかった3つの理由
・YouTuberと組む、さんまへの裏切り行為
・YouTuberの炎上のヒカルと組むことでブランディング低下
・ヒカルに宮迫博之の知名度を利用されて捨てられる。

宮迫博之さんは、YouTubeの謝罪動画で「YouTubeは敵」という発言をしていますが、大御所芸人であるさんまさんもそれは同じこと。

ヒカルさんのチャンネル登録者数から見てもらえるというメリットはありますが、個人事務所に席をくれるさんまさんを裏切ってしまったことによる代償の方が大きいでしょう。

人脈・TVに対する復帰が遅くなるのではないのでしょうか?

ロンドンハーツの2人もYouTubeデビューはやろうと思えばできたでしょうが、TV側の人間という事でしなかったわけです。

そして、ヒカルさんといえば仮想通貨(VALU)の売り逃げ詐欺行為で、炎上しているYouTuber。

ネット民で炎上しているヒカルさんと組むことで、宮迫博之さんもさらに炎上芸人として成長はしていくと思いますが、炎上芸人をTVで使うわけにはいきませんから、復帰までは程遠くなりますね。

そして、最後に宮迫博之さんはヒカルに利用されるって点です。

超重要:ヒカルに利用されて宮迫博之はオワコンになる!←ヒカルは超一流です。

 

ヒカルさんは、詐欺だ!という意見が多数ありますが、元々はトレンドアフィリエイト(下剋上)で大成功を収めて、YouTubeデビューした超実力派のビジネスマンでもあります

宮迫博之さんは知名度はありますが、おそらくお笑いしかやってこなかったので、ビジネス面ではど素人

宮迫博之さんと組んで、ヒカルさんには「謝罪会見」などのおいしいオプション動画が取れる(チャンネル登録者爆増)点を使えば、あとは宮迫博之さんをポイする可能性が高いです。

ヒカルさんは、チャンネル登録者層は若い人ばかりなので、宮迫博之さんを使ってミドル層にアプローチしたかったのでしょうね。

宮迫博之さんにも当然メリットはあると思いますが、YouTuberとしては初心者レベル。

宮迫博之さんがYouTuberとして真価が問われるのはヒカルさんが離れた後ではないのでしょうか?

スポンサードリンク

まとめ

YouTuberとしてデビューする宮迫博之さんですが、なぜ梶原(カジザック)と組まなかったのか?が正直疑問です。

梶原さんと宮迫博之さんのコラボ動画ではすでに120万以上再生されているんですよね。

ある意味安定じゃないですか(笑)

これからコラボしていくとは思いますが、上手くいくといいですね。

今回は以上です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事