2019年1月5日にマグロの初競りで3億3,600万円(1㎏あたり120万)という価格をすしざんまいが付けて話題になりましたが、今年もその勢いが止まりません。

2020年にも過去2番目になる1億9,320万という金額がつき、1㎏当たり70万と昨年に比べて金額が落ち着いてきましたが、それでもマグロの高騰が続いて話題になってます。

マグロ1匹に対して、1億とかを余裕で越える金額が出てしまっているわけですが、気になるのが漁師の懐に入るお金がいくらか気になりませんか?

今回は1億9320万円のマグロを釣り上げたラッキー漁師の名前と合せて、漁師の取り分について調査して見ました。

スポンサードリンク

豊洲のマグロ初競り2020で制した業者はどこ?

まず、1億9320万円のクロマグロを購入したのは、2019年に騒がせたすしざんまい(喜代村)です。

クロマグロは、青森・大間漁港から届いた重さ276キロのクロマグロ。1キロ当たり70万円の値で落とされ、1体での総価格では1億9320万円だった。

出典:https://www.nikkansports.com/general/nikkan/news/202001050000059.html?utm_source=twitter&utm_medium=social&utm_campaign=nikkansports_ogp

ここ3年1億以上で競り落としているすしざんまいの社長である木村社長は・・・

「競る相手がいたから負けられない。みなさんにいいマグロを食べていただきたいから頑張った」と話し「でも、やっぱり(落札価格は)高いね

と言っております。

ネット民の一部では、マグロの価格を無理矢理つり上げて最悪!などの声もありますが、個人的には漁師さんが頑張って釣っているわけですから、その分の金額を払っていると思えば納得です。

約2億ですからね!

そんな約2億円もするマグロを釣り上げたラッキーな漁師さんは誰なのか!?

豊洲のマグロ初競り2020:1億9320万円を釣り上げた大間の漁師は誰?

2020年に1億9320万円のクロマグロを釣り上げた大間氏の漁師は山本昌彦さんだと判明しました。

ちなみに2019年に3億3,600万のクロマグロを釣り上げた人物は藤枝亮一さんです。

藤枝氏のプロフィール
名前:藤枝亮一
年齢:65歳
漁師歴:20年
船名:第28光明丸

本人も動画のにて「たまたま一本釣りでとれたのが嬉しい」とコメントしていますね・・・

本当に運要素が多い上、20分以上も釣り上げるのに時間が掛かったことから、大変だったんだろうなと想像が出来ます。

今回の2020年のさんも㎏単価が120万→70万と下がってしまったのは残念でしょうが、276㎏のマグロを釣れたというのが本当にすごい事だと改めて実感させられますね!

スポンサードリンク

マグロ漁師と業者間の取り分のパーセンゲージはどれくらい?

マグロ漁師はマグロを釣り上げれば、お金が全額貰えると思われがちですが、そんなことは有りません。

マグロの競りに参加するためには、複数の業者に手数料を支払う必要があります。

マグロの業者と手数料
・大間漁港連盟:4%
・青森県漁港連盟:1.5%
・豊洲市場:(築地市場)5.5%
要するに、青森県大間市で漁師をするに当たって、許可&マグロの輸送費等が必要になりますからその費用が当然掛かる訳です。
そして、競りに参加する為の費用として、競り価格の5.5%が手数料としてかかると言われております。(築地市場の時の場合ですが・・・)
つまり
マグロ漁師の手元に残る(税引き前)の金額はマグロ価格の1億9320万の内の89%の・・・
1億7,195万
がマグロ漁師の税引き前の収入になります。ここから税金が引かれるわけです。

2020年の大間の漁師の税引後の取り分はいくら?(個人事業主の場合)

それでは参考までに去年の3億3,600万のクロマグロを釣り上げた藤枝亮一氏の税金・手数料を引いた手取り額は1億7800万程度と言われております。

3億3360万円はどう配分されるのか? 関係者によると落札額のうち、青森県漁連に1・5%(約500万円)、大間漁協には4%(約1334万円)、豊洲市場で競りが始まるまでマグロを預かる荷受業者に5・5%(約1834万円)が支払われ、残金を釣り上げた漁師が受け取る。ただ所得税などの税金約4割を納付することになるため、実際に入金されるのは約1億7800万円になりそうだ。

ここでポイントになるのは、所得税と住民税の部分。

今回のマグロ初競りで業者間の手数料を引いた額の1億7,195万に対し、所得税・住民税が課税されますが、4000万以上を越えると、なんと45%も所得税が取られてしまうのです。

所得税の速算表
課税される所得金額 税率 控除額
195万円以下 5% 0円
195万円を超え 330万円以下 10% 97,500円
330万円を超え 695万円以下 20% 427,500円
695万円を超え 900万円以下 23% 636,000円
900万円を超え 1,800万円以下 33% 1,536,000円
1,800万円を超え4,000万円以下 40% 2,796,000円
4,000万円超 45% 4,796,000円

上記の計算式から所得税を計算すると(1億7,195万✕45%-4796000円)=72,581,500円(約7260万)が引かれることになります。

更に!

住民税が10%掛かるので、(1億7,195万✕10%)=約1720万が住民税として追加されます。

故に最終的な漁師さんの手取り額は・・・・

8215万

程度が手取り額になると計算できますね。

約2億円の競り価格を頂いても蓋を開けてみると40%程度しか漁師さんの手取りって事になります。

スポンサードリンク

ただし漁師さんが法人化している場合はもう少し貰えます。

漁師さんが法人化して居た場合、流石に所得税45%と10%の住民税は払わなくて済みます。

これだけ成果報酬が高い金額ですから、この漁師さんも法人化しているでしょう。

法人化していた場合の税率のルールは法人税約24%+法人住民税が10%になりますから1億1700万程度が手取りになります。

法人化すれば約3000万程度は節税出来るので、おそらく法人化してますね。

にしても6000万円以上が税金ですからエグいなって思う始末。

まとめ

豊洲市場のマグロの初競り2020は毎年お祭り価格になりますが、意外と漁師さんの手取り額が少ないなって感じますよね。

とは言え、一本釣りで釣ったマグロが1億円!だったらその年のラッキー男といっても過言ではありません。

マグロ漁船は辛いですが、夢はあるなと再認識しました。

億越えマグロを食べたい方はすしざんまいの初競りマグロ2020はいつから食べれる?一貫いくら?赤字で買う理由とはを合わせてご覧ください!

今回は以上です。最後までご覧頂き有難うございます!

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事