2020年1月10日~1月12日(日)に行われた東京オートサロンで、高級車ランボルギーニを運転していたドライバーが空ぶかしで爆音騒動による迷惑行為が発生しました。

ランボルギーニの空ぶかしが煩すぎた為、会場は一時的に騒動に・・・・

今回は高級車を迷惑行為で乗り回すドライバーが誰なのか?などから動画でご紹介させて頂きます。

あき
高級車を自慢したいのでしょうが、迷惑行為をやってアピールとかダサすぎるって感じですね。
スポンサードリンク

ランボルギーニの空ぶかし騒動のドライバーは誰?

結論から言うと、諸星一家のリーダーである諸星伸一さんと確定しました。

その理由は以下の動画をみると、緑のランボルギーニを乗っているのが諸星一伸さん。

動画でずっとふかしていますね。

もう一台のは金色のランボルギーニのプレートに「諸星魂」と記載されており、搬入口から出るときに爆音を鳴らしながら公道に出て行っていますね。

煩すぎて、コメントには・・・・

ネット民のコメント
車は格好いいが、乗っている人に1円の価値もない

ネット民
諸星ファンですが、今回は酷い。
来年は出ない方が良い。

などなど、上記の動画内のコメントでも叩かれています。

もう金色のランボルギーニを運転していた人はまだ分かっておりません。

分かり次第追記いたします。

ランボルギーニという3000万円はする車のオーナーはどれだけ凄いのかを調べて見ました。

スポンサードリンク

諸星一家とは、経歴・プロフィールが凄い

諸星伸一のプロフィール
氏名:諸星伸一(もろほししんいち)
生年月日:1973年12月17日
年齢:46歳(2020年1月現在)
出身:東京都板橋区
職業:デザイナー(プラチナブルー経営)

諸星さんが子供の頃に貧しさ故に車がなかった事から、スポーツカーに強い憧れを持っておりました。

20代前半はトラックの運転手として仕事をしておりましたが、自分には向いてない。経営の方が良いのでは?と考えたそう。

その後、東京都江戸川区でスポーツカーによるデザインを手がけるデザイナーとして起業。

ついにはランボルギーニ愛好家による「諸星一家」というグループを立ち上げるまで成長したわけです。

ランボルギーニは3000万円ぐらいする車ですが、愛好家が全盛期の頃は諸星一家に100人は在籍も在籍していた実績があります。

幼いことの「スポーツカー」に憧れ事から、仕事に作ってスポーツカーの代名詞であるランボルギーニを乗るってすごい事です。

ただ・・・残念ながら、爆音騒動をやってしまったので、これを機に「諸星一家」は減るかも知れません。

 

諸星一家は今回の件で謝罪文を出していた

今回のランボルギーニの空ぶかしで騒動を言われている原因が、運営側に間違えられて注意された加藤氏と諸星一家のやりとりが原因です。

ツイッターを調べて見ると、諸星一家としてのランボルギーニの謝罪文を出していることが分かりました。

コレを見る限り、暴力事件もあったのかも知れませんね。

ただ、問題になっているのは公道内での空ぶかしによる騒音であり、東京オートサロン2020内での空ぶかしに関する問題じゃないんですよね・・・これ

実際加藤氏は運営側から、諸星一家と間違えられて注意されたわけです。

しかも注意しても辞めないという始末。

あくまでも加藤氏は東京オートサロン2020に依頼されて注意したわけですから、ちょっとずれている気がします。

個人間の問題じゃないですよ。コレ

まとめ

今回は東京オートサロン2020の空ぶかしをやった諸星一家を紹介しました。

会場内で空ぶかしをやったから、こっちもやったなどの言い分はあると思いますが、イベント終了後に公道で空ぶかしとかする方が問題ですからね。

今回は以上です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事