ZOZOTOWNの創設者である、元社長:前澤友作さんが2019年の元日に行ったツイッターお年玉企画が2020年にも行うということで話題になっております。

【ご報告】2020年 #前澤お年玉 の準備が完了しました。総額〇〇億円にパワーアップして元日にスタートします!

詳細はYouTubeでもお知らせしますので、今のうちに↓こちらからチャンネル登録お願いします。

出典:https://twitter.com/yousuck2020/status/1210397919892783104

前回は100万円100人にプレゼント(総額1億)のお年玉で非常に話題になりましたが、今年は数十億とパワーアップ!

今回はその金額及び、倍率・当選金額について、調査してみました。

最後まで楽しみながらご覧ください。

スポンサードリンク

前澤友作のツイッターお年玉2019年の当選人数と倍率は?

2019年の前澤友作さんのお年玉企画のRT数が434.4万人が参加しております。

前回の金額が総額1億円の100万円を100人にプレゼントになるので、434.4万人÷100万で43,440倍になります。

4万倍以上!ということで、当たらねーじゃねかと思うかもしれませんが、2019年の年末ジャンボの100万円よりも倍率が低く実はチャンスあるのです。

年末ジャンボ宝くじ 当選確率
年末ジャンボ宝くじ 第818回 全国自治宝くじの各等級別当選確率を販売予定額から計算してみました。

年末ジャンボ宝くじ 当選確率
等級 当選確率
1等 1/20,000,000
1等の前後賞 1/10,000,000
1等の組違い賞 1/100,503
2等 1/6,666,667
3等 1/200,000
4等 1/10,000
5等 1/500
6等 1/100
7等 1/10
年末ラッキー賞 1/10,000

出典:https://economic-fortune.com/information/nenmatu_jumbo_takarakuji/

ちなみに1等の7億円は倍率が2000万分の1ですからね・・・・

前澤友作氏をフォローし、RTだけで、無料で参加できるので、やってみる価値はありです!

2019年に当選した方の特徴を紹介してみますね。

前澤友作のツイッターお年玉2019に当選した人の特徴

前澤友作のツイッターお年玉2019で当選した人が実名でツイートしてて話題になりました。

具体的な特徴として、1つの事に対して夢を持っている人たちが当選していますね。

2019年のお年玉企画にあたった人
  • シェアアトリエと作りたいといった学生
  • イモラ国債のピアノアカデミーに参加したい
  • 子供たちの為に砂場を研究する人

前澤社長に当選してもらうためには、「社会貢献するために夢を追いかけている人」っていうところが重要ポイントですね。

リプや日々のツイート内容を見られているのかと思いますので、夢を追いかけている人ならチャレンジしてみると当選する可能性があるのではないのでしょうか?

逆に「楽したい・金欲しい!・貯金したいぜ!」っていう方は絶対に当たらないと思うので、お年玉企画に乗っからないほうが無難です。

スポンサードリンク

前澤友作のツイッターお年玉2020年の当選金額はいくらになる?

前澤友作氏は前回のお年玉企画終了後に金額についてアンケートを取っています。

圧倒的に10万円が多いですね。

まず個人的見解ですが、まず1億円と1,000万円はありえません。

なぜなら税金(贈与税)で当選者が税金を支払う義務が発生するからです。

贈与税の計算は、まず、その年の1月1日から12月31日までの1年間に贈与によりもらった財産の価額を合計します。
続いて、その合計額から基礎控除額110万円を差し引きます。

次に、その残りの金額に税率を乗じて税額を計算します。

基礎控除後の課税価格 税率 控除額
200万円以下 10% -
300万円以下 15% 10万円
400万円以下 20% 25万円
600万円以下 30% 65万円
1,000万円以下 40% 125万円
1,500万円以下 45% 175万円
3,000万円以下 50% 250万円
3,000万円超 55% 400万円

出典:国税庁

仮に1000万円をプレゼントした場合、(1000万ー(125万(基礎控除分)+110万(基礎控除))×40%)=306万円が税金として消えてなくなります。

前澤氏が夢をかなえるために使うお金(300万)を国に払うことはありえないでしょう。

そしてアンケートに多い10万のプレゼントですが、こちらも無いと思っていて、理由は2つ。

10万のプレゼントが無いと思う理由
・金額が少なすぎる=夢をかなえる為の行動に使えない。
・当選者の数が増える=振込手数料増加&手間がかかる。
10万をもらったとしても、できたとしても2泊3日の海外旅行程度しかできないのが現実です。
ましては、夢をかなえるための設備投資なんていうのは夢のまた夢・・・・
前澤氏は夢を応援するためにお年玉企画をやっていますから、お小遣い程度のショボい金額のプレゼント企画はやらないでしょう。
そう考えると、贈与税がかからない基礎控除(110万)迄に収まる100万円プレゼントになりますね。

前澤友作のツイッターお年玉の総額はいくらになる?

前澤氏のお年玉の総額は2019年では1億でしたが、2020年では数○十億と伝えています。

その金額はいくらになるか?ということですが、前園氏は地元も千葉県館山市に対して20億円を募金しているんですよね。

そして12月25日。今度は驚きのクリスマスプレゼントだ。
千葉県館山市が、前澤さんからふるさと納税で20億円の寄付があったと発表したのだ。

前澤氏は以前にも、館山市をはじめ9月の台風15号で被災した地域にあわせて約4000万円を寄付していて、千葉に愛着があることは知られているが、一体なぜ館山市に20億円もの寄付をしたのか?

出典:https://www.fnn.jp/posts/00049598HDK/201912251640_FNNjpeditorsroom_HDK

ふるさと納税で20億をプレゼントしているので、数十億をプレゼントできるというのは嘘ではないでしょう。

ヤフーから4000億で会社を売っているわけですから、税金を支払ったとしても資金に余裕はあるはず。

2020年ということもあり、総額20億円のプレゼントになるのではないのでしょうか?

そうすると100万円をプレゼント=2万人が当選すると予想します。

スポンサードリンク

前澤友作のツイッターお年玉2020年の倍率予想!

2019年の倍率が43440倍でしたが、今回はRTが増えるのか?

結論から言うと、増えないと思います。

理由は、当たらない&当選者がすでに決まっていると思われているから・・・

前回の当選者が決まった瞬間に否定的なツイートがたくさん出たのが地味に話題となりました。

などなど、否定的な意見が多数でてきたのです。

正直無料で参加できるので、文句を言うのも違うだろ!って思いますが、2回目とのもあって、前回ほど参加者が増えるとは考えられません。

同人数ぐらいだと考えると・・・・

500万RTと考えて、500万÷2万=250倍!

2万÷500万=0.4%になるのではと予想しますね!

まとめ

今回は前澤友作元社長のツイッターお年玉企画を予想してみました。

前回のがインパクト強すぎたため、参加者を増やすことは難しいかもしれませんが、20億くらいの総額であれば新たに話題性を生むかもしれませんね。

夢を持っている人はぜひリプライで夢について書いてみたらいかがでしょうか?

今回は以上になります。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事