2019年12月31日(大晦日)にWBOスーパーフライ級タイトルマッチ:井岡一翔選手の相手になるシントロン選手の強さについてご紹介させていただきます。

いまだ無敗と言われている最強の挑戦!

シントロン選手はプロのリングの前にアマチュアでもオリンピックに出ているほどの実力者でもあります。

シントロン選手の戦歴と強さは何か?

井岡一翔選手が万が一負ける可能性の有無などを、井岡一翔選手の過去の戦歴から調査してみました。

最後までお楽しみくださいませ。

スポンサードリンク

ジェイビエール・シントロンの戦歴とプロフィール

ジェイビエール・シントロン選手のプロフィールを簡単にまとめさせていただきます。

ジェイビエールシントロンのプロフィール
名前:ジェイビエール(ヘイビエル)・ヘスス・シントロン・オカシオ
生年月日:1995年2月8日(24歳)…2019年12月27日現在
出身地:プエルトリコ
身長:168cm
体重:51.98kg
タイプ:サウスポー
戦績:12戦11勝(5KO)1無効試合
ボクシングを始めたきっかけ:父親の影響
ボクシング以外のスポーツ経験:野球、バスケットポール
シントロン選手の戦績はプロでは11勝5KO(無敗:1試合無効)と、プロの試合ではまだ一度も負けた事がありません。
プロでの戦績をまとめると・・・・
ジェイビエールシントロンのプロの戦績
(メキシコ)レオナルド・レイエス選手と対戦
『4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36)』で勝利。2017年7月:(チリ)ギジェルモ・デヘアス選手と対戦し、『2RKO』で勝利。2018年2月:(メキシコ)エドソン・エデュアルド・ネリ選手と対戦
『6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54)』で勝利。2018年3月(ドミニカ共和国)アネウディー・マトス選手と対戦
『3RTKO』で勝利。

2018年4月:(コロンビア)ホナタン・ブルゴス選手と対戦
『4RTKO』で勝利。

2018年6月:(コロンビア)オムニー・パディージャ選手と対戦
『3R棄権』で勝利。

2018年7月:■WBOバンタム級ユース王座決定戦
(ベネズエラ)グレゴルイ・ベラ選手と対戦。
『8R判定 3-0(79-72、80-71、80-71)』で勝利。

WBOバンタム級ユース王座を獲得。

2018年9月:WBOラテンアメリカスーパーフライ級王座決定戦
(メキシコ)アロンソ・メレンデス選手と対戦。
『10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90)』で勝利。

WBOラテンアメリカスーパーフライ級王座を獲得しました!

2018年12月:WBOラテンアメリカスーパーフライ級タイトルマッチ
(ニカラグア)マルビン・ソラノ選手と対戦し
『8R反則』で勝利。

WBOラテンアメリカスーパーフライ級王座の1回目の防衛。

2019年03月:WBOラテンアメリカスーパーフライ級タイトルマッチ
(ニカラグア)エリエセル・ケサダ選手と対戦。
『1RTKO』で勝利。

WBOラテンアメリカスーパーフライ級王座の2回目の防衛

2019年5月:WBOインターナショナルスーパーフライ級王座決定戦
(白井・具志堅S)江藤 光喜選手と対戦し、『1R無効試合』。

WBOインターナショナルスーパーフライ級王座の獲得に失敗。

2019年8月:WBO世界スーパーフライ級挑戦者決定戦
(白井・具志堅S)江藤 光喜選手と対戦。
『10R判定 3-0(99-90、99-90、99-90)』で勝利。

WBO世界スーパーフライ級挑戦権を獲得!

何といっても2017年にプロデビューしてから、1か月単位で試合をしていること。
通常ダメージを抜くために最低でも3か月ぐらい必要にもかかわらず、短い期間でキャリアを積んできていますね。
さらにアマチュアではプエルトリコ初の2012年・2016年の2大会連続オリンピックに出場。
アマ時代には200勝以上しているという噂もあるくらいめちゃくちゃ強いわけです。
そんなジェイビエール・シントロンの強さについても紹介していきます。

ジェイビエール・シントロンの強さとは?動画を紹介!

2019年5月に行われた江藤戦の動画をご覧ください。

2ラウンド2分40秒で、右フックからの左ストレートでダウンを取っています。

ジェイビエール・シントロンの強さをまとめると・・・

ジェイビエールシントロンの強さをまとめ
  • 右フックからの左ストレート(コークスクリューパンチ)
  • 長いリーチ
  • stepがはやい。危機回避能力がある(すぐにクリンチする)

などが上げられます。

江藤戦のダウンを取った2ラウンド以降、実はシントロンは江藤氏の反撃についていけない場面が複数個所見られました。

コーナーに追いつめられることも多々ありましたが、華麗な足さばきで逃げるが印象的。

クリンチして攻撃を防ぎつつ、江藤選手の打ち終わりを狙ったパンチで確実にポイントを稼いでいます。

アウトボクサーですからね。カウンターや打ち終わりを狙うのが正しい姿でもあるでしょう。

井岡一翔選手は果たしてシントロンに勝てるのか?

次で触れていきたいと思います。

スポンサードリンク

井岡一翔がジェイビエール・シントロンに負ける唯一の可能性とは?

井岡一翔選手がジェイビエール・シントロンに勝てるのか?

基本的に井岡一翔選手が勝つと予想できますね。

というのも理由はいくつかあって・・・

井岡一翔選手がシントロンに勝つ理由
  • 経験値の差(26戦中15戦は世界戦)という圧倒的な経験値の差
  • ポジショニング&ディフェンス力
  • 多彩なパンチを持っている

一番は経験の差でシントロンの総試合数以上に、井岡一翔選手は世界戦やってますからね(笑)

さらに言えば、シントロンはステップが上手いとはお伝えしましたが、江藤戦を見ているともろに食らって、倒れそうになっているシーンもありますのでディフェンスが井岡選手に比べてうまいとは言えないでしょう。

そのうえで、シントロンが井岡一翔選手に勝つ可能性を言えば、リーチの差という部分!

井岡一翔選手が敗戦した2試合のアムナット選手とドニー・ニエテス選手の共通点はリーチの長さが10センチ近く長いという事。

井岡一翔選手のリーチが168㎝に対して、シントロンは174㎝と6センチも長いです。

このリーチの長さがポジショニングにどう影響するか?

シントロンは6センチのリーチの長さを生かしつつ、足を使ったボクシングで判定勝ちを狙う事が井岡一翔選手に勝つ可能性だと私は見ています。

スポンサードリンク

まとめ

今回はWBO世界戦の挑戦者であるシントロン選手に注目してみました。

井岡一翔選手の試合って玄人志向で、KOを狙うボクシングではなく、ポジショニング&ディフェンスの上手さでポイントを取っていくスタイル。

面白くない!って言われがちですが、最近の井岡一翔選手の対戦相手は噛ませではなく、ガチ勢と試合している姿に好印象です。

是非井岡一翔選手には勝ってもらいたいですね。

応援していきましょう。今回は以上です。

井岡一翔選手につく可愛いラウンドガールはラウンドガール│保科凛の出身高校・大学はどこ?画像ある?彼氏の有無を調査をご覧くださいね。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事