今シーズンの坂本勇人選手の成績ですが、(173安打・40ホームラン)と言うことで安打数&ホームラン数が自身キャリアハイと調子が良い状態で

リーグ優勝に大貢献した巨人の坂本勇人選手ですが、来年の令和2年に超偉大な日本記録が掛かっているって事をご存じでしょうか?

それは・・・・

日本プロ野球の史上最年少の2000安打達成です。

そもそも2000安打達成は日本プロ野球史上で52人しか折らず、2018年に達成した福浦和也選手(ロッテ)以後出ておりません。

東京オリンピックもある2020年に2000安打達成が出来るでしょうか?

今回は坂本勇人の2000安打の最年少記録を達成出来る可能性の有無について調査して見ました。

スポンサードリンク

現在の2000安打最年少記録保持者は誰?

2019年12月現在の日本プロ野球の最年少記録保持者しているのは、榎本喜八氏です。(31歳7カ月で達成)

68年7月21日、東京スタジアム。東京(現・ロッテ)対近鉄(現・オリックス)ダブルヘッダー第1試合でのこと。第1打席で近鉄の鈴木啓示投手の初球を強振した榎本喜八の打球は、右翼線への二塁打となった。川上哲治、山内一弘に次ぐ、史上3人目となる通算2000本安打が達成された瞬間である。

榎本喜八氏は東京(現ロッテ)で活躍し、「安打製造機」という言葉が生まれたのは、この人の活躍による物です。

神の域とも呼ばれ、19試合(ダブルヘッダーを4回含む)で打率.411(73打数30安打)を記録するほど・・・

榎本氏は2000安打を3人目で達成し、それ以降50人が達成しておりますが誰も抜けないと言うことでどれだけ偉大な記録なのかという事は分かって貰えるかと思います。

その次に最年少で2000安打を達成している人は「張本氏」の32歳2ヶ月・次は松井秀喜氏の32歳10ヶ月。

その偉大な記録を抜こうとしている坂本勇人氏はすごい事なのです。

あき
ちなみに日米通算を入れると、日本人の最年少記録保持者は30歳6ヶ月のイチロー氏です。

坂本勇人の31歳7ヶ月は2020年7月13日迄に2000安打を達成すれば最年少記録保持者になる。

榎本喜八氏の誕生日は1936年12月5日であり、2000安打を達成したときは、31年228日で達成しています。

一方の坂本勇人氏は1988年12月14日生まれであり、31年228日で計算すると7月29日ですが、オリンピックが7月22日から23日間公式戦がなくなる事もあり7月21日までに2000安打達成です。

が!

31歳7ヶ月という事もあり、1988年12月14日生まれから31年7ヶ月後の7月13日と報道されております。

故に試合のチャンスが減ってしまうことから、2000安打は厳しいんじゃないのか?という声も有る中で

私は坂本勇人氏が最年少記録の2000安打が以下の2つの理由で達成出来ると思っております。

スポンサードリンク

坂本勇人の2000安打まであと少し!最年少記録達成が可能だと判断する2つの理由。

昨シーズンよりも9日も開幕が早く、7月13日までの試合数が14日増加している

坂本勇人の2000安打最年少記録保持者になれる理由としては、7月13日までの試合数が2019年シーズンに比べ、来シーズンは14日増加している事にあります。

具体的には2019年のシーズン開始は3月29日からでしたが、2020年はオリンピックで23日間試合が出来なくなることもあり、2020年3月20日からシーズンが始まるのです。

これは坂本勇人氏の最年少記録保持者を狙う上で追い風です。

去年の試合数と比べてみると

2019年・2020年シーズンの試合数の比較
  • 2019年シーズンの7月13日までの試合数は80試合
  • 2020年シーズンの7月13日までの試合数は94試合

に増えます。

故に昨シーズンに173本も打っている坂本勇人氏に取って14試合も増える事は大チャンスでしかありません。

2000安打まで116本とあと少し!ですが、毎試合1安打&30試合に2安打を打つ事が出来れば達成しますよね?

毎試合ヒットを出すという事は非常に難しい事ですが、2019年シーズンをキャリアハイで終えた坂本勇人氏なら達成出来ると思っております。

 

116本目は昨シーズン93試合で達成!ギリギリ間に合う。

 

2000安打まで残り116本の坂本勇人氏ですが、昨シーズン116本目を打った試合数を調査したところ、2019年7月30日の広島戦でマークしております。

7月30日に116本達成という事で、記録達成は難しいのかなと思いきや、2019年シーズンの7月30日は坂本勇人氏の93試合目。

2020年シーズンの7月13日までは94試合あるので、93試合で116本を達成した坂本勇人氏であればギリギリ達成出来るのではと考えております。

とは言え、坂本勇人氏に取っては2000安打は通過点に過ぎません。

なぜなら日本プロ野球の最大の記録である3000安打達成も夢ではないからです。

スポンサードリンク

まとめ:巨人坂本勇人はこのまま行くとプロ野球最多安打の張本氏の3085本を抜くかも知れない。(条件あり)

31歳7ヶ月で2000安打を達成すると、残り1000安打で張本氏しか達成していない3000安打達成まで夢ではありません。

来シーズン2020本以上達成し、毎年140本ペースで打てれば7年(38歳)シーズンに当たる2027年で3000安打達成になる可能性が非常に高いのです。

メジャー行くかもよ?って疑問があるかも知れませんが、坂本勇人氏は否定しております。

なので3000安打達成の可能性は十分あり、張本氏がもつ日本プロ野球の歴代安打記録(3085本)も40歳手前で抜くことも十分あり得るのです。

とはいえ、坂本勇人氏は腰の怪我が多く、ショートという腰に負担が掛かるポジションですので、怪我によって3000安打が達成出来なくなる可能性も0では有りません。

よってサードとかにコンバージョンして打撃に専念するなどすれば3000安打達成だけで無く、3085本の張本氏の記録を40手前で抜ける可能性も十分あるでしょう。

とはいえ5年以上先の3000安打の記録よりも、まずは昨年誰も居なかった2000安打達成に向けて頑張って欲しいです。

今回は以上です。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事