2019年12月23日夜中1時に、東京都東村山市秋津町の住宅街にて。

84歳の男性と83歳の女性が住む高齢者夫婦の自宅に押し入り、ひもで縛ってから460万円を強盗した事件が発生してしまいました。

夜中に老夫婦の自宅に押し入る事件とか怖すぎます。

この事件の犯人は誰?という点と併せて、怖すぎる犯行手口の方法と対策についてお伝えしていきたいと思います。

スポンサードリンク

東村山市秋津町で起きた460万円を強盗した事件は?

東村山市秋津町で起きた460万円を強盗した事件の概要はこちらになります。

 同署によると、父親はパチンコ景品交換所の運営会社を経営。23日午前1時15分ごろ、父親らが民家1階の寝室で就寝の準備をしていたところ、男2人が寝室のベランダ窓のガラスを破って解錠し室内に侵入。カッターナイフのようなものを突きつけ、「金を出せ」などと脅してきたという。

出典:https://www.sankei.com/affairs/news/191223/afr1912230012-n1.html

寝ようとしているときに、いきなり男が入ってきたら怖いデスよね・・・

幸い命まで奪われることがなかったので、不幸中の幸いと言えるでしょう。

そんな犯人ですが・・・

東村山で460万円を強盗した犯人は今どこにいる?顔画像は?

東村山警察では、現在逃走中という事で犯人の行方を追っております。

分かっている情報としては・・・

東松山強盗事件の犯人の特徴
・20代男性(1人)
・茶髪
・身長170㎝程度
・白いマスクをかぶっていた。

とされている様子。

この事件を受けてネットの反響は・・・

ネット民男性
東村山で昔から強盗ばっかりだけど、俺の家入られた時は警察の対応が悪すぎたね。

などなど・・・ちなみに東村山市ではこの事件の1ヶ月前ほどに下半身を露出する十代後半の男性の事件があった故に、治安が良い場所とは言えそうにありませんね。

犯人は近くに潜んでいるかも知れません。

近隣住民の方はくれぐれもお気を付けて下さい。

情報が分かり次第、追記いたします。

スポンサードリンク

犯行手口は衝動的ではない!計画的すぎるヤバイ犯行手口とは?

この事件は寝ている家を衝動的に強盗したのでは?と思われて居ましたが、強盗の犯行手口は計画的だったという事が判明しました。

具体的には・・・・

強盗事件の手口
  • 東村山警察書を装ってアポ電をして居た。
  • 資産状況を確認・声質から年齢を特定
  • 被害に遭った高齢者も資産があると喋ってしまった。

警察を装って資産状況を確認すると、多くの高齢者は親切心&相手にして貰える嬉しさで、過去の自慢と一緒に資産状況を話してしまいがちです。

今回の被害者である男性84歳は、パチンコ店の景品交換所を経営する社長であり、常に現金が家にある!と伝えてしまいました。

故に「高齢者・資金もある」と確認を取れた犯人は、計画的に狙っていったのでしょう。

東村山警察所を始め、警察官・銀行員が資産状況を確認する電話をする事は絶対にありません。

この記事を読んだ方は、そういった電話が来た場合切るようにしましょうね。

スポンサードリンク

高齢者が強盗を防ぐ対策は?

こういう特殊詐欺を始め、高齢者が狙われる強盗を防ぐ為の手っ取り早い対策はあるのか?

結論から言えば、固定電話の会社がベストでしょう。

高齢者の固定電話番号は、悪徳業者によりリスト化されており、あの手この手で詐欺を仕掛けてこようとします。

判断が優れている若い人が居れば、引っかかる可能性はかなり減ると思いますが、高齢者のみが住んでいると中々そうはいきません。

そうならないためにも、固定電話を解約し、携帯電話にする・アプリ通話にするなどと、詐欺業者からの電話そのものを減らす対策をするのがベストでしょう。

まとめ

東村山市強盗事件発生から、14時間ほど経過してしまいましたが、おそらく犯人は東京駅を出て車で逃走して居るものだと思われます。

近隣住民も怖いと思いますので、一刻も早く捕まって欲しいです。

今回は以上です。

2019年12月23日のおすすめニュース:横浜市新吉田小学校の藤城守校長の顔画像を卒業式から特定!【女性教師にキス】も合わせてご覧ください。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事