2019年12月26日に発表された埼玉県新座市で起きた、81歳女性が近隣民家で凍死している事件が発生しました。

この事件には不可解な点が多すぎるということで、ヤフコメ民の中で話題になっております。

今回は「埼玉県新座市81歳女性凍死事件」について調査してみました。

スポンサードリンク

不可解なことが多すぎた埼玉県新座市の81歳女性の凍死事件:時系列はどうなってるの?

今回の事件の概要をご紹介します。

埼玉県新座市東北の民家の庭で女性が死亡していた事件で、身元は志木市の無職女性(81)で、死因は低体温症とみられることが25日、新座署の調べで分かった。遺体に外傷はなく、着衣の乱れもないことなどから、同署は凍死の可能性が高いとみて調べている。

出典:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191226-00000002-saitama-l11

この事件の時系列がよくわからないというコメントが多かったので、まとめました。

埼玉県新座市の81歳凍死事件

❶2019年12月21日11時:81歳女性がスーパーに出かけるが家に帰ってこない

❷2019年12月23日8時45分:59歳息子が朝霞警察署に捜索願を提出

❸2019年12月23日10時:81歳女性が近隣住民宅の庭で死体となって見つかる。

という経緯になります。
私個人からして、通常スーパーで買い物すると聞いて、夜になって帰ってこない場合、大人の人でも心配するのが普通じゃないですかね?
81歳女性の高齢者が夜になって帰ってこない(連絡がない)場合、即警察に届け出る必要があったのではないのでしょうか?
結局スーパーに出かけてから2日後に捜索願を出してしまったせいで、このような事件が起きてしまったのだと思われます。

81歳女性が出かけたスーパーはどこ?

今回、81歳女性が凍死してしまった場所は埼玉県新座市東北2丁目と言われております。

このエリアを生前の81歳の母親の行動範囲だとすると、一番有力なのはイオン新座店が一番有力でしょう。

東武東上線志木駅からも近いため非常に便利なスーパーですし、朝霞警察署に近いと考えると、イオン新座店が一番現実的かなと思います。

では81歳女性がなぜ、自宅に戻らずに近隣民家の家まで歩いてしまったのか?その原因を考えていきたいと思います。

スポンサードリンク

81歳女性が凍死した原因は

81歳女性が買い物から自宅に戻らずに、知らない人の家まで行動してしまった原因は1つしか考えられません。

痴呆症です。

おそらく、家の場所を忘れてしまいパニックになってしまったのでしょう。

私の祖母も物忘れが激しくなり、夜中に徘徊してしまったり、自宅の場所を忘れることは日常茶飯事。

この81歳の女性が自宅の場所を忘れてしまうことは珍しくありません。

自宅の場所がわからず、途方に暮れた81歳女性は自宅に戻ることすら忘れ、体力が続くまで歩いていたのだと思われます。

そして行方不明になっていた2019年12月22日の気温は7度弱。

北本市と志木市は30キロ程度離れておりますが、大きく気温は変わらないでしょう。

とても寒い中、家を目指して歩いていたと考えると悲しい気持ちになりますね。

心よりご冥福をお祈りいたします。

81歳女性が見つかった民家はどこにある?

81歳女性が自宅の場所を忘れて、亡くなってしまった民家を調査してみましたが、残念ながら現時点ではわかっておりません。

Twitterで調べたのはもちろんの事、不動産会社が使う「大島てる」という事件があった場所を調べる際のツールで確認。

しかし、現時点では更新されておりません。

スポンサードリンク

ネット上の声が59歳息子に対して批判が多い件

この事件を受けてネット上の声は・・・・・

ヤフコメ民女性
普通の成人でも買い物に行っただけなのに
夜10時なっても帰ってこないなら
警察いくわ

ヤフコメ民男性

不甲斐ないと言うかだらしない息子だな、81にもなる母親を買い物に

行かせて挙句買い物から帰ってこない?一緒に行ってやれよ、帰って来ないなら探しに行けよ。

ヤフコメ民女性
81歳の親に買い物に行かせるって何事?自分で家事くらいしろ。
無関心な馬鹿息子。ってかオヤジ。

なかなか苛烈ですね。

59歳息子の判断能力を疑う投稿が多数多かったことです。

まあ81歳母親が1日も返ってこないのに、警察へ届け出るのが遅かったということが批判につながっているのでしょう。

まとめ

高齢者が今後どんどん増えていく日本は、同様の事件が増えると予想されます。

数十年後に高齢の親を持つ我々も、親の外出のリスクを踏まえて行動したほうが良いということがわかりましたね。

今回は以上になります。最後までご覧いただきありがとうございます。

スポンサードリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事